まずは玄関を綺麗に片付けよう

玄関整理整頓出来ていない家には当然お客様を迎え入れることもない訳ですが、玄関だけは宅配便の配達が来たり、近所の人が回覧板持って来たりと来客がありますよね。
玄関だけでもきれいに整理ているとインターホンがなっても慌てずに済みますので精神的にもいいですよね。

玄関にそれぞれの家族専用の棚を設けましょう。

整理整頓を考えるには、まず何を片づけるかを考えるのが大切です。

玄関に何がありますか?
靴、コート、帽子、手袋、ヘルメット、バッグ、鍵、犬散歩用のリード、子どもがいたらランドセルや通学バッグ、部活の道具、釣り竿やゴルフの道具など趣味の物、と玄関には多種多様なものがあふれてしまいます。
すっきり見せるには、整理整頓が必要不可欠になってきます。

キッチンはあなただけの判断ですいすい片付けられましたがここは家族の協力を得ないと絶対に整理整頓は出来ない場所です。

赤ピン家族分の専用の収納場所、棚を設けましょう。

細かく区切ると子ども達は整頓を維持できないので大まかにしておきます。
その自分スペースにはランドセルから学校の帽子などなんでも置いてОK、そのスペースからはみ出る分は自分の部屋に持って行ってもらいます。
扉がついていたらぐちゃぐちゃでも隠せるのでより安心です。

 

コートクロークを設けましょう

簡単に整理整頓を実行したいならコートはやはり玄関に置けた方が便利です。
玄関に置き場所があれば、リビングのソファに脱ぎっぱなし、ってことは防げます。
コートクロークがあらかじめあれば一番よいのですが、壁に簡単に取り付けられるコート掛けもありますので、家族分は吊り下げられるようにしましょう。

靴箱を片付けましょう

靴箱の中にあるものを全部出して、処分できる靴は処分しましょう。
冠婚葬祭用などであまり使用してないからと古い物をしまいこんでいませんか?
革靴は経年劣化しますので久しぶりに履いたらボロボロ剥げてくるかもしれません。

また、子どもの靴などはサイズアウトが早いのでどんどんたまってきますが、
足はそれぞれ形が違うので成長期の子どもに靴のお下がりはお勧めできません。
下の子用にと取っておくよりもさっさと処分しましょう。
基本、玄関のたたきには靴を出しっぱなしにしない方が掃除もしやすいですし見た目もきれいです。
家族分の靴を全部収納できるように、靴箱の中に余裕をもたせましょう。

靴箱の棚には物を置かないようにしましょう

玄関入って一番に目に付くところ、靴箱の棚かと思いますが、ここに生活臭あふれる物が積み重なっていると、片付いてない汚い家、と来客者にインプットされてしまいます。
ここには基本、花瓶や観葉植物、季節の雑貨などインテリア関連の物だけを置くようにしましょう。
うさぎポイントつい、鍵やダイレクトメールやちらしなどをポ置きがちですが、
鍵は鍵置場を作り、ダイレクトメールやちらしは家の中に持ち込むと溜まりがちなので、玄関ですぐに開封しているもの、いらないものに分けていらない物はすぐに捨てるようにしましょう。

今は請求書や明細などはネットで見ることもできる場合が多いので、なるべくペーパーレスできるように手続きしておくのもお勧めです。
特に家に溜まって処分に困る通販雑誌などは雑誌ではなくネットで見て注文するようにしましょう。

家族には

 

あなたの家族には、「自分のものは自分専用の棚に入れましょう。置けない物は各自自分の部屋に持っていきましょう。靴箱の棚には私物を置かないようにしましょう。」それだけを約束させましょう。