子ども部屋を片づけましょう

最近はリビング学習がスタンダードなので部屋を与えるのは小学校中学年~高学年以降と遅くなっている傾向があります。
この年頃の子はもう手がかからずに自分の事は自分でできるので部屋の管理まで子供に任せてしまいがちですが、まだ自分で片付けられる子は少ないです。

一見きれいに見えてもクローゼットや押入れになんでもぐちゃぐちゃに詰め込んであったりします。

ポイント指

子供部屋の散らかりの最大の原因は学校から持ち帰るもの

お知らせのプリント、宿題のプリント、通信教材や塾のプリントなど膨大な紙類です。
学年が変わるごとに教科書、ノート、ワーク類などが追加されていきます。
その上、最近の学校では図工の時間にはリサイクル品を使って工作をするので、ペットボトルや牛乳パックを使った工作品。
子供が作った記念だからとなんでも取っておくとゴミと区別がつかないような作品に場所を取られて困ることになります。

悩む子ども
子どもは捨てる判断ができにくいのでなんでも取っておいてしまいます。少なくとも学期ごとにはプリント類などを一緒に相談して不必要なものはどんどん捨てましょう。そこまで手をかけられないという方、本人の自主性に任せたいという方、それなら、子供部屋での飲食は禁止にしておきましょう。それだととりあえず散らかっていてもゴキブリやダニが発生、という最悪の状態は避けられます。